笑顔のメンズ

経営方法が変更になったらマンション管理会社も見直そう

入居時も入りやすい

女性

家賃債務保証の目的は、オーナーに安心を約束することです。家賃滞納トラブルを解消するために、家賃債務保証は滞納時の家賃の立て替えを速やかに行い督促業務も代わりに行ってくれます。オーナーの負担は大きく軽減されます。

もっと読む

会社選びから始まる

マンション

マンション管理でマンションの価値をアップさせることができますので、まずはマンション管理会社の見直しを行うことも大切です。管理会社の選び方を知っておくことで、基本的な作業やプランが良いかどうかチェックできます。

もっと読む

不動産投資をしていくなら

積み木と紙幣

大阪の収益物件の特徴は、大阪自体人口が多いので、不動産の数も多く選べる選択肢が色々あることです。また、低価格で販売されている収益物件もあるので、これから不動産投資をする初心者の方にもメリットがあります。そして、人気の理由は満室で稼働中の物件が多数販売されていることです。

もっと読む

経営の仕方を切り替える

模型を持つ人

経験重視で選ぶ必要性

マンション管理会社を変更すると賃貸経営への携わり方を切り替えることができます。以前に今の賃貸経営に適したマンション管理会社を選んでいたとしても、新しい経営のあり方に適しているのが同じ会社であるとは限りません。新たに選び直した方がより適した管理を行ってくれる会社に任せられる可能性が高いので、安易に同じ会社に契約してしまわないようにするのが大切です。ただし、マンション管理会社を変更するときにはどれだけ初めてのマンションを管理したことがあるかや、その地域での経営経験があるかを重視するように注意しましょう。経験の有無は管理の質に大きな影響を与えるため、実績について問い合わせてから契約を結ぶかを判断するのが賢明です。

仲介した会社の特徴

経験という観点から大抵の場合に優れているのが不動産を購入した際に仲介を行った会社です。多くのオーナーは購入した投資物件を売却するときに同じ不動産会社に依頼するため、仲介を行った会社が管理も行っていた可能性があります。管理を行っていない不動産仲介会社の場合にはこの限りではありませんが、以前にその物件の管理経験があるマンション管理会社であれば安心して任せられるでしょう。しかし、必ずしも仲介に優れている会社が管理にも秀でているとは限らないため、それでも変更した方が良い場合もあります。管理についての契約内容や実態を確認して、少しでも不満があると感じたら他のマンション管理会社に変更するのが安全策でしょう。